たかおLab

【Windows】AWS EC2インスタンスを作成し、PuTTYでSSH接続できるようにする

その他
AWSのロゴ

最近、AWSを使うようになったので、そのメモを残します。

 

今回は、WindowsでEC2インスタンスにSSH接続する方法についてです。

UbuntuでSSH接続する方法も別記事で書きます。

 

 

EC2インスタンスの作成

 

AWS EC2 オンデマンドインスタンスの作成とElastic IPの関連付けについては、今回は省略します。調べれば簡単にできるので。

 

ただ注意点として、インスタンス作成時のリージョンに気を付けるようにします。デフォルトだとオハイオになってるので、東京リージョンに変更しましょう。

また、SSH接続できるようにするため、インスタンス作成時の「セキュリティグループ」の部分で、SSH用にポート22番を開けておきます。

 

 

PuTTYで使用するため、pemファイルからppkファイルに変換

 

WindowsではPuTTYを使用してSSH接続をします。

 

EC2インスタンスにSSH接続するには、インスタンス作成時に生成した鍵(pemファイル)を使用します。

しかし、PuTTYはpemファイルをサポートしていないので、これをppkファイルに変換する必要があります。

 

まずは、ここからPuTTYをインストール。

 

次に、SSH接続するためのカギを作成するため、PuTTY Key Generator を起動します。

 

以下のように、puttygen と検索すれば出てくるはず。

 

インストールされたPuTTY Key Generatorの見つけ方

 

 

「Conversions」の「Import Key」を選択し、EC2インスタンスを作成した時にダウンロードしたキーペア(pemファイル)を選択します。

 

ppmファイルを選択

 

その後、鍵のパスフレーズ設定のため「Key passphrase」に入力します。

確認用にもう一度「Confirm passphrase」に入力します。

ただ、パスワードの設定は任意らしいので僕は設定してません(笑)。

 

下の欄の「Parameters」の「Type of key to generate」が「RSA」になっているか確認し、

「Save private key」をクリックしてppkファイルを保存します。

 

pemフィルからppkファイルへ変換

 

 

これでPuTTYでSSH接続するための鍵の生成が完了しました。

 

 

PuTTYでSSH接続

 

次に初期設定をします。

 

puttyを起動します。

左の「Category」から「SSH」の「Auth」を選択し、「Browse…」をクリックして、先ほど作成したppkファイルを選択します。

 

ppkファイルを選択

 

 

左の「Category」から「Session」を選択し、「Host Name (or IP address)」に接続先インスタンスのIPアドレスを入力します(インスタンス作成後に設定したElastic IPです)。

 

「Saved Sessions」の欄に保存したい名前を入力し、「Save」で設定を保存します。

 

接続したいインスタンスのIPアドレスを設定

 

そうすると、セッション項目に追加されるはずです。

 

あとはそれを選択した状態で、「Open」をクリックすると接続が開始されます。

「Security Alert」が出ると思いますが、「はい」を選択。

 

そうすると、コンソール画面が表示されます。ユーザー名を入力(Amazon EC2 Linuxなら「ec2-user」)してログインし、以下の画面が表示されたら接続成功です。

 

接続成功画面

 

 

次回からは、今回保存したセッションを選択して簡単に接続できるようにする。

 

以上です。お疲れさまでした。